Amazon.co.jp ウィジェット バイオリン習得のスケジュール感 「子供の運命は親の手にあり」 鈴木鎮一さんのお言葉

バイオリン習得のスケジュール感

バイオリンはどれくらいの練習期間で、どれくらい上達するか。一日30分~1時間くらいの練習。週に1,2度さぼるくらいの練習量です。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「子供の運命は親の手にあり」 鈴木鎮一さんのお言葉

 我が子をぼんやりと捨てておいて育てる努力もせず、「生まれつきだ」と考えて諦めている愚かな過去の人類の誤りを、どうか繰り返さないで下さい。




私はたいしたことができないので、この子には得意なことを一つ作ってあげようと改めて決心した。
そして私もあきらめずに、バイオリンの練習をしようと思う。

全文を引用しておきます。
 

 「子供の運命は親の手にあり」
 教育は生まれた日から始まっています。ベビーのその肉体が日々刻々育って行くそのことと同じように、その生命の大いなるカは、外部からのすべての刺激を身につけて、能力を獲得しながら育っています。生命体への刺激のないことに対しては、何も育ってはきません。捨てておけば育たぬのです。
 能力は生まれつきではない、ということを、私は40年の実験教育で、はっきりと知りました。
 どうぞ貴方のお子様を立派な人に育てて下さい。
 心も能力も育て方ひとつです。苗を立派に育てることがいかに重要であるかについては、誰でもよく知っておりながら、我が子をぼんやりと捨てておいて育てる努力もせず、「生まれつきだ」と考えて諦めている愚かな過去の人類の誤りを、どうか繰り返さないで下さい。
 貴方のお子様が、言葉を自由自在に話す優れた能力に育つその事実、世界中の子供達が皆、それぞれの国の言葉を自由自在に話す高度な能力に育つその事実を、どうぞよく考えてみて下さい。
 どの子供にも、立派に能力が育てられてゆくではありまぜんか。母国語以外のことも、育てればどの子も育つのです。
 その母国語の教育法を研究して、私はこの教育法"スズキメソード"をつくりました。どの子供も母国語に立派に育つ可能性をもっていると同じように、音楽の能力も立派に育つ可能性を与えられているのです。
 素質だ、遺伝だと考えて、子供を育て損なわないようにして下さい。
 育て方の正しさ、育て方のうまさで、どの子も立派に育ちます。
 「能力の法則」に従って育つのです。育て方ひとつです。
 たとえ優劣があるにしても、どの子供でも自分が話す母国語の能力の、その高さまでは、どの種類の能
力にしても、高く育つ可能性を与えられている、すばらしい人間の子洪・・・・・・噂い存在です。どうぞ育ててあげて下さい。そして育て方のうまさを研究して下さい。

鈴木 鎮一

[ 2008/12/01 02:19 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

現在の装備
■楽器
バイオリン1/4(借り物)
肩当
■曲・教則本
(1)鈴木鎮一:ヴァイオリン指導曲集
(2)SEVCIK
(3)小野アンナ:ヴァイオリン音階教本
フリーエリア
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。